水稲・陸稲種子・椎茸・果樹・野菜種子・農業資材などなど、農業に関することなら、京都市山科にある株式会社のうけん(農事研究所)にご相談ください。

会社案内
会社概要
アクセスマップ

沿 革

昭和305(1955年)農水産大臣の認可(主要種子指定取扱業者)を受け、財団法人 懺悔奉仕 光泉林 の事業部門の一つとして、一燈園生活を精神的な基礎に、従来からの農場、施設、技術を拡充して一燈園農事研究所が設立されました。

全国の篤農家を中心に組織されました「のうけん」会員を中心に、種苗の生産販売、農業に関する研究開発、技術指導、関連資材の供給と共に専門技術者の招請交流など幅広い活動を行っています。近年政府の指導で公益法人の見直しが行われ、平成15(2003年)101日に法的には文化庁所轄の財団法人から株式会社に組織換えすることになりました。

株式会社のうけん

▲疎水沿いにある、株式会社のうけん

営業内容

雑誌「のうけん」

▲毎月発行されている雑誌「のうけん」

のうけん会員を中心に、機関紙「のうけん」毎月発行。作物の品種解説、栽培技術指導、資材、営農情報などを内容とする「のうけん」を全国の農家に配布。
また、一燈園書籍、付属学園の紹介、すわらじ劇園の公演案内も掲載。特に毎月8月号からの豊富な水稲品種の紹介は全国農家バイブル的存在で会員以外の愛読者も多い。

これに併せて発行される水稲品種の特性表は全国の篤農家に配布され、各地で共同購入の参考にされている。

主な取引先

農林水産省、三井化学、全農富山県本部、全農山形県本部、秋山種菌研究所、永田製作所、三井東圧肥料、サカタのタネ、タキイ種苗、渡辺採種場、渡辺農事、カネコ種苗、みかど協和、横浜植木、EM研究所、リサール酵産、農文協ほか。

取扱品目

  • ・種苗(水陸稲、麦、雑穀、イモ類、野菜、果樹、花卉など)、種菌(しいたけ、ひらたけ、なめこ、マイタケ、万年茸など)
  • ・農機具、施設資材機器(農林・園芸関連資材機器など)
  • ・図書(農園芸書、料理、一燈園の書籍など)
  • ・栽培用資材(肥料、土壌改良資材、植物活力栄養液、その他弊社オリジルの植物活力栄養液「バイオレミン」、配合肥料生第85229「アイエヌティ10」、液状複合肥料生第85364「ニューアミノブライター」を含むなど)
  • ・お米の販売
  • ・その他健康関連及び一般生活関連商品など。
  • ・毎月第3土曜日に「三産市」(朝市)を開催。(米・野菜・商品加工品・苗など)地元の方に安心・安全な農産物をご提供。
  • ・毎月1.3土曜日に絵だより教室の「一葉クラブ」を開催。

関連会社

燈影グループ(株)燈影舎、(株)燈影設計工務、(株)すわらじ劇園)