種籾(種もみ)・ダイシモチ、弥富モチ、紫早生裸麦、もち麦の販売、農業に関することなら、京都市山科にある(株)のうけんにご相談ください

受付の電話番号075-594-0888

電話受付時間:8:30-17:00(土日祝除く)

商品一覧

麦種子

小麦 農林61号

品質優れめん用に最適

●特性

本邦小麦の王者で、粒状質でめん用として広く利用されています。粒着はやや粗。株の開閉は中程度で粒の色は赤褐色で、見かけの品質は中の上。出穂期・成熟期ともに中生で春播性もあり、茎立性、耐倒伏性、収量などいずれも中の品種です。

●栽培上の注意

多肥密播の条件下では倒伏の危険が多く、縞萎縮病の耐病性は何れも中程度です。長稈で耐倒伏性が十分ではないので、施肥量に留意し、踏圧などの管理を十分に行って下さい。

小麦 ミナミノカオリ

短強稈でパン用に最適

●特性

短強稈でパン適性の良い硬質小麦品種。製パン適性がよく蛋白質含有量が高く醤油用にも適する。大粒で粒質は硝子質、製粉歩留が良い。

●栽培上の注意

倒伏や縞萎縮病に強いが、穂発芽や赤かび病にやや弱い。1穂粒数と穂数が少ないため、多肥栽培により穂数と収量を確保。また、出穂10日後の実肥によりパン用として適性な蛋白質含量を確保して下さい。

●品種登録番号第14302号

大麦 ファイバースノウ

麦ごはんや麦茶に

●特性

「ファイバースノウ」は「ミノリムギ」と比較して、稈長が10cm程度短く、稈質もやや強く耐倒伏性に優れ、穂長はほぼ同程度で穂数はやや少なめ。粒張りが非常に良く、粒厚が2.2mm以下の細麦発生による収量低下が起こりにくいため、安定的に収量を確保する事が可能です。

●適地

北陸・関東・南東北地域に適する。暖地では長稈化による倒伏と熟期が遅くなるので留意する。(現在長野県・富山県・福井県・新潟県・石川県で奨励品種として採用されています。)

●栽培上の注意

赤カビ病・雲形病には十分な耐性を有していないので、多発が予想される場合は防除が必要である。

●品種登録番号第11236号

裸大麦(うるち) イチバンボシ

麦茶、しょう油、麦味噌に

●特性

早生で葉色濃く、中稈で挫折耐性、耐倒伏性はやや強。茎立ちがやや遅く、偏穂数型。オオムギ縞委縮病に強く、うどんこ病と赤カビ病にやや弱い。

●栽培上の注意

倒伏防止のため、極端な多肥栽培は避ける。うどんこ病、赤カビ病にやや弱いので、
適期防除に努める。

モチ性裸麦(もち麦)の紹介

今話題のスーパーフード

●特性

もち麦には(ベータ)β-グルカンが多く含まれており、このβ-グルカンを摂取すると、腸内の善玉細菌を増殖し、悪玉細菌の増加を抑える働きがある。
また糖尿病の予防食や治療食としても有効で、コレステロールを低減し、血液中の中性脂肪を下げることが期待されている。

●利用方法

麦飯、味噌、焼酎、団子、ピザ、はったい粉、製菓の原料と用途は多彩。

モチ性裸麦(もち麦) 各品種紹介

●「ダイシモチ」

・四国地方で多く栽培されている品種。製粉して使うことも可能。麦ごはんはもちろん、うどんを始めとした麺類、パン、クッキー、ケーキなどの材料にも適する。味噌や焼酎などの醸造、発酵食品の分野でも使われ、様々な可能性を秘めています。
・水溶性食物繊維(ベータ)β-グルカンの含有率が高く、精麦白度も高い。
・食物繊維が白米の約30倍!
・品種登録番号 第 7692 号





  (売切れ)

●「弥富モチ」

中国地方で栽培されている在来種。やや早熟でやや短稈。モチの粘りはやや低い。

播種期は10月下旬~11月中旬。出穂は4月中旬。成熟期は6月下旬になる。

●「紫早生裸麦」

四国地方で栽培されている在来種。やや早熟で少し短稈で、モチの粘りも強い。

播種期は10月下旬~11月中旬。出穂は4月中旬。成熟期は6月下旬になる。